2017/09

<< September 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


PROFILE

*******

 



お気に召したらポチッと

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

LINKS

 

Recommend
Recommend
Recommend
にほんブログ村

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
    .

     

    • -
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • pookmark


    越後〜弘前〜角館 【其の十一】日本海(番外編)

    JUGEMテーマ:お城
    越後〜弘前〜角館 【其の十】鮫ヶ尾城:肆 の続きですが、ちょっと休憩。
    ちょっとしたハプニングにより、かなり遅くなって直江津に戻り、食事でも…と思うも、駅の周りには何もない!
    そう、あるのはホテルとNEWDAYS だけ…(あとで知ったのですが、徒歩10分くらい歩くと居酒屋さんとかが沢山あったようです…とほほ。)
    ホテルのレストランは、向かう途中で店員さんが看板を片付けているのが目に入り断念。
    仕方がないので、NEWDAYSでお土産を買いつつ、頸城の押し寿司と越後ビールを買い、寝台列車、日本海を待つ…待つ。

    この日本海、駅の待ち合い所の終わり時間(一応開けてくれているが)の後に来るという旅情溢れる列車。
    いかにして暇をつぶすか…と考えている長い時間も過ぎ、列車が到着。
    旅の友、折りたたみ自転車を担いで乗り込み、車掌さんに置き場を尋ねるも「うーん、わからないね。空いている場所に置いておいて」と。
    (置いてくれる場所があると、使った方のブログには書いてあったのだが、途中駅だから無理だったのかなあ)
    えっちらおっちらと寝台車の細い道を自転車を運び、シャワー室前の荷物置きにそっと置く。

     

    さあ!私のB寝台の寝床はどこ?!とたどり着くも、弐段ベッドの二階席。
    どうやら他の皆様は、女子高校生三人。
    真っ暗中、そーっとはしごを登り寝床に到着…が…。
    女子高校生達よ。そこは、私の荷物置き場です(弐段ベッドのサイドの荷物置きに荷物が置かれていたw)
    そーっと荷物置き場のセンターに荷物をよけて、自分の荷物を置く。
    お腹がすいたなあ…と、もそもそと越後ビールと押し寿司で一人乾杯。
    備え付けの浴衣に着替える元気もないので、もそもそと身軽になって就寝…。

    明け方。
    女子高校生たちは、弘前手前の駅で降りて行く。準備がにぎやかであったが、空いた寝台がちょっと寂しい。 
    禁煙ではなかったので、どこからともなく、煙草の匂い。
    カーテンで遮断して、弘前まで…寝てはいけないw

    そろそろ、弘前に近くなったかな?と言う所で、身支度。 
    どうやら、弘前はよく晴れているらしい…。よかった。

    無事に弘前着。
    こうして、自転車をかかえて、初の青森の地に着いたのでありました。

    0
      にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
      .


      スポンサーサイト

      0
        にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
        .

         


        comment









        trackback

        profile


        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
        designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--