2019/06

<< June 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


PROFILE

*******

 



お気に召したらポチッと

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

LINKS

 

Recommend
Recommend
Recommend
にほんブログ村

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
    .

     

    • -
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • pookmark


    三月駆け足旅〜春日山城

    2012.3.24

    ちょっと所用で、松本に行かねばならず、青春十八切符を使おうかなぁ…と調べているうちに、上手くしたら直江津まで行ける?→松本経由で春日山城とかどうだろう。→あれ、もしかしたら、三月二十四日は、三郎景虎様の命日じゃないかな。→じゃあ、先に春日山城。 という、発作的…に…と、春日山城からの松本旅をしてまいりました。

    (iPhoneからの直接アップの写真と、フォトストレージからの写真が混在で見にくいかと思いますが、ご了承下さい…)









    青春十八切符は、使い切る自信がなかったのと、やはり時間の短縮をしたいのでウィークエンドパスを選択。特急券だけで新幹線が乗れます。

    越後湯沢ではくたかに乗り換え…。
    …雪だ。




    途中まで、白い風景でしたw
    無事に、直江津到着。到着するも、電車は来ない。仕方が無いので、観光案内の人に聞くも、どうやら似たり寄ったりの時間のバスしか無いので、ウィークエンドパスもあることなので、電車〜春日山城〜バスの経路を選択。


    20120324133109
    バスで、埋蔵センター側に到着するも、あいにくの雨模様。
    これは、埋蔵センターからの林泉寺どまりかなあ…と、埋蔵センターへ。

    ここで、謙信公と春日山城展再び!前回よりも規模を縮小して開催ということらしく…
    なんと…
    「無料!!!!!」(笑)
    よろこんで入る私。

    20120324134336

    前回は無かった、御館の乱に際しての景勝さまの書状が展示されていました。
    そうそう、おもてなし武将隊の皆様もいらして、景虎様に説明してただきましたよ。
    まだ記事にしていないのですが、鮫ヶ尾〜今泉〜春日山城と10月訪問時に、やはり景虎さまにお話をして頂いたのですが、10月に〜と話を振ったら
    「ああ!荷物沢山持っていらした方!」(笑)と覚えていてくださいました。
    (雨降りそうで、もうすぐ日が落ちるってのに、登っていったので…余計になのかしら)

    「演舞をやるので、よかったら観ていってください。」ということだったので、あと一時間くらいかー。と、中庭から空を見れば…

    雨が止んでいる…

    ということで、埋蔵センターを後にし、いざ!春日山城へ!



    大手道は時間がかかるので、今回はパス。


    御前清水で一息。


    まだまだ雪が残ります。若干の不安。


    謙信公がお出迎え。
    見えませんが、ここから先の道は、すべて雪でした。
    登った方もいるらしく、足跡の上からざくざくと…。時折、ずぼっと膝まで埋まったりw
    本丸登り口に到着するまでに、いつもの倍くらいの時間を要した気がします。
    恐るべし、雪。

    20120324142844
    甘糟殿のお屋敷も雪。

    20120324143201
    なんとか、三の丸に到着…。






    いろいろと、雪に埋もれる三の丸。
    雪の少ないところを、ざくざくと進んで三の丸を徘徊する私。
    元来た登り道をぐねぐね戻るのが、面倒だー!と三の丸の端っこから、ずささささーと降りられないものかと、下の道を眺めてみたり…

    20120324143226

    三の丸から二の丸、本丸方面を見上げると、こんな感じ。
    演舞の時間に間に合いそうもないのと、途中で転けそうな予感がしたので、今回は三の丸で諦めて、戻ることに。

    20120324144013
    本丸登り口辺りを、何となくパノラマにしてみました。(クリックすると写真が大きくなります)
    下の雪の部分は、道です。
    どこまでも、続く雪道…。



    馬出しの見晴し台辺りから、海が見えないものかと… 



    てくてく歩いていたら、埋蔵センターの前で、武将隊の皆様がスタンバイ!
    ギリギリ間にあう…
    実は、初めて演舞見ました(笑)せっかくなので、本日の皆様をぱちり。
    みつさん、景勝さま、景虎さま、十吾郎さん(だったはず)


    この日は、景虎さまが自害した日ということで、演舞の後にセンターの中でちょっとしたイベント?が…。
    景勝さまから、景虎さまへ。景虎さまから、景勝さまへ。お互いに感謝状?お礼状?を贈りあっていました。なんかほのぼのー。

    残念ながら、上越上杉おもてなし武将隊の景虎さまは、このあと3/31に卒業というか、昇天?されたそうで…。
    もう、お話できないのは残念ですが、景虎さま お疲れさまでしたー!



    天地人で、本当に使われた、景虎さまと華姫さまの衣装。
    これを着て写真撮影が出来ますよー。
    せっかくなので、華姫さまの着物を羽織って、景虎&景勝兄弟を従えて(笑)撮っていただきました(公開しませんよw)

    ※もしも、撮影予定の方いらしたらですが、写真を見ていただければわかると思うのですが、ちょっと暗い上に、ライトが黄色っぽいです。上手く映らない可能性も…。対応モードがあるカメラをお使いの方は、モード合わせしてから撮って貰った方がいいかもです。


    まったりしつつ、バスの時間になったので、埋蔵センターとお別れ。
    出て二分後に、雹に見舞われ、傘立てに傘を忘れたことに気が付く…。
    ありがとう雹さん。助かったですよ。


    春日山公園をバスの中から。
    平時の景虎さまのお屋敷があったと言われている場所だそうです。

    そんなこんなで、駆け足の春日山城訪問。
    春日山の駅から長野方面の電車に乗り、次の目的地松本へ…。

    【続く】


    JUGEMテーマ:お城




    0
      にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
      .


      スポンサーサイト

      0
        にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
        .

         


        comment

        管理者の承認待ちコメントです。

        • -
        • 2012/05/14 10:19 PM









        trackback

        profile


        (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
        designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--